岩国城

昭和37年に復元、桃山風南蛮造りの全国でもまれな山城

慶長13年(1608年)初代藩主吉川広家が築城。

iwakunijyo01
現在の城は昭和37年3月に復元されたもので、桃山風南蛮造りの全国でもまれな山城である。

iwakunijyo05

iwakunijyo06

城内は書物や、刀剣、甲冑などが多数展示されている。

iwakunijyo07

城内には、刀剣や書画が数多く展示され、4階の展望台からは岩国市内が一望できる。

iwakunijyo04

フロアからは360度の景色を楽しめる。

iwakunijyo03

展望台からの眺めは絶景。やさしい秋風を感じながら、錦帯橋を含めた岩国の町並みをのんびり眺めることができる。

iwakunijyo08
錦帯橋や岩国空港、吉香公園など旧城下町も一望できる!

iwakunijyo02

岩国城跡旧天守台、古式穴太積み(こしきあのうづみ)と呼ばれる石積みを基本としながらも、戦国時代に、地方独自の石積みの技術が加わった形で造られた構造物。

iwakunijyo09

時間 9:00~16:45(入場は16:30まで)
休日 12月29日~12月31日