東後畑棚田(ひがしうしろばたたなだ)

『日本の棚田百選』にも選ばれた
風景は一見の価値有り!

『日本の棚田百選』にも選ばれた風景は一見の価値有り!

tanada02
「棚田」とは急傾斜地に階段状に造成された水田のこと。中山間地域が県土の7割を占める山口県でも多くの棚田が形成されている。

tanadahiru

長門市油谷もそうした棚田が多い地域で、本州最西北端の向津具半島を中心に約700 ヘクタールもの一大棚田地帯が広がっている。1999年に農水省が発表した「日本の棚田百選」では、当時全国117市町村、134地区の棚田とならんで油谷の東後畑地区にある棚田が選ばれた。

tanada01

棚田は通常山間部にあることが多いのだが、この地区は半島部分の丘陵地が海岸近くまで迫っているため、眼下に日本海を望むことができる。

isaribi

夕日が沈む日本海に、イカ釣り漁船の漁火が無数に輝く光景は美しく、この景色をカメラに収めようと、毎年多くのカメラマンたちがこの地を訪れる。このように時間帯によって様々な表情を見せる棚田、どの姿も美しい眺めを楽しめる。(漁火の見頃は6~8月)