萩オープンガーデン

萩市内の美しいお庭を一般に
特別公開

katura02

オープンガーデンとは、個人宅の庭園を一般に開放し訪れた方をおもてなしするという、イギリスに端を発するすばらしい習慣に基づくものである。萩市内の文化財施設の庭園や個人のお庭などが、期間限定で特別に公開される。史跡だけでなく、藩政時代の町家、一般住宅、美術館などの美しい名庭園も多い「萩」を発見できる。

katura03

桂太郎旧宅
明治維新後、3回にわたって内閣総理大臣を務めた桂太郎の旧宅。

桂太郎は、萩藩士桂與一右衛門の長男として、
萩城下平安古に生まれ、3歳の時に川島に移り住む。

この旧宅は、明治42年(1909年)に新築したもので、主屋は派手さを抑え、規模も比較的小さなもので、藍場川沿いの生活を穏やかに楽しむために造られている。藍場川の水を引き込んだ流水式池泉庭園内には桂太郎公銅像が建っている。ここにはガイドが常駐し、施設の説明を行っている。

 

縁側には水琴窟(すいきんくつ)があり、

水をかけると澄んだ音色を楽しむことができる。

 

 

旧湯川家屋敷
藍場川沿いにある情緒あふれる武家屋敷

yukawa03

川沿いに長屋門があり、屋敷の中には橋を渡って入る。
主屋には玄関、座敷と茶室などがあり、特に茶室回りの意匠が優れている。

yukawa02

また、川の水を屋敷内に引き入れて流水式の池泉庭園を造り、池から出た水を家の中に作られたハトバや風呂場で家庭用水として使った後、再び川に戻している。このように藍場川沿いの民家では環境問題に配慮した水の利用法を見ることができる。ここにはガイドが常駐し、施設の説明を行っている。

時間 9:00~17:00
無休