萩市 世界遺産

②萩城下町

萩城下町は、幕末に日本が産業化を目指した当時の地域社会における政治・行政・経済をあらわす資産で、城跡・旧上級武家地・旧町人地の3地区からなっている。 ここで萩藩の産業化や西洋技術の導入についての政策形成が行われ、また当時の城下町に高度な匠の技があったからこそ、日本の産業化が急速に進んだと考えられている。萩城下町は、産業化を試みた幕末の地域社会が有していた江戸時代の伝統と身分制、社会経済構造を非常によく示していることが評価されている。

jyoukamachi01

町筋は基盤目状になっており、当時のままの武家旧宅や小路が連なり
城下町の景観を今に残している。

jyoukamachi02

萩城下町は、幕末に日本が産業化を目指した当時の地域社会における
政治・行政・経済を表す資産。

jyoukamachi03