青海島(おうみしま)海上アルプス

荒波が造り上げた造形美!大自然の中、リアルがここにある!

荒波が造り上げた造形美!大自然の中、リアルがここにある!

oumisima01

海風に吹かれながらのクルージングは、冒険心がくすぐられる。

seatasu

青海島観光汽船㈱の歴史は古く、観光船の事業は大正4年からで、今年で約100年になるが、これまで事故は一度も起こっていない。元々は漁船で地元の漁師さんが始められたそう。一般の方にもきれいな海の景観を見せたいということで、当時は手漕ぎのもので船に乗せていた。その後は旅館オーナーさんが企画として打ち出すことになり、現在の形に昇華されたサービスとなっている。

danseikannon

(こちらは「男性観音」)

夏場には季節便という臨時2便が追加になるため、通常より利用しやすくなる。日中の遊覧はもちろん、夕方に見る景観も素晴らしいものがある。タイミングがあえば「漁火」が間近で見られることも。

doukutunai

(洞窟の入口まで入り、間近で観ることができる)

この時期だけ1隻限定だが『なごみ』というチャーター船がご利用頂ける。完全予約制で船の中でお持ち込み頂いた食事やお酒を飲んだり楽しめるプランもある。クルーズは所要1時間程度。(定員12名)

■青海島定期便
定期船は基本的には一周コース(所要時間約1時間20分)
※気象海象によりコースに変更がある。

(定期コースの順路はこちら)

hanatuura

<花津浦>
金子みすゞが「仙崎八景」のひとつとしてうたった「花津浦」

fufudou

<黄金洞【夫婦洞】>
黄金洞、洞窟が2つくっついて見えるので、またの名を夫婦洞とも呼ぶ。

ko-moridou

<コーモリ洞>
羽を広げたコーモリに似ていることからその名が付けられた。

makuiwa

<幕岩>
約40mにわたって、様々な模様が見える。模様がヘビやタコの形に見えると言われている。

hotokeiwa

<仏岩>
よく見ると仏様がこちらに向かって胸元で手を合わせているかのように
見える。ここまで自然が作りあげた究極作品は例が無いそう。

 

■青海島 その他近郊のおすすめイベント!
<ながと仙崎花火大会>

senzakihanabi

会場付近の県道が歩行者天国になり、焼き鳥、唐揚げ、たこ焼き、焼きそば、かき氷、ビールにジュースなど色々な出店が並び、花火大会を盛り上げる。この時期、遊覧船を楽しんだ後にぜひ立ち寄ってみてほしいイベント。

打ち上げ数 約3000発(予定)
駐車場 2000台無料、仙崎小学校など
日時 7月23日(土)
場所 長門市仙崎海岸通り