2016.10月掲載分

吉香公園

錦帯橋と共に日本さくらの名所100選に選定されている総合公園 。

『吉香公園』(きっこうこうえん) は旧岩国藩主吉川家の居館跡で、1880年(明治13年)から1968年(昭和43年)まで旧制岩国中学校~山口県立岩国高等学校として利用されていた場所を、高校の移転に伴い公園にした。

img_1186
広大な園内には目加田家住宅、錦雲閣、吉香神社など、藩政時代を偲ばせる建造物が点在している。また、1916年(大正5年)に明治期の校舎の一部を利用して建てられた旧制岩国中学校の武道場が残っており、現在は、岩国高校記念館となっている。

kikkokoen01

もちろん建物だけではなく、藩政時代や学校時代に植えられたと思われる古木、大木が多数あり、山口県の天然記念物に指定されている。吉香神社そばのエンジュをはじめ、イチョウ、クスノキ、エノキ、ケヤキ、モミなど、樹高20メートルを越える木も多い。

kikkokoen02
また園内には、季節の花が多く植えられており、梅、桜、ツツジ、ボタン、フジ、ハナショウブ、あじさいなどが次々に咲き乱れる公園一帯は花の名所となっている。

img_1314
2006年(平成18年) 10月27日、社団法人日本公園緑地協会などで構成される、都市公園法施行50周年記念事業実行委員会により『日本の歴史公園100選』に選定された。

6d0a0583%e2%91%a0

時間 終日
休日 無休

岩国城

昭和37年に復元、桃山風南蛮造りの全国でもまれな山城

慶長13年(1608年)初代藩主吉川広家が築城。

iwakunijyo01
現在の城は昭和37年3月に復元されたもので、桃山風南蛮造りの全国でもまれな山城である。

iwakunijyo05

iwakunijyo06

城内は書物や、刀剣、甲冑などが多数展示されている。

iwakunijyo07

城内には、刀剣や書画が数多く展示され、4階の展望台からは岩国市内が一望できる。

iwakunijyo04

フロアからは360度の景色を楽しめる。

iwakunijyo03

展望台からの眺めは絶景。やさしい秋風を感じながら、錦帯橋を含めた岩国の町並みをのんびり眺めることができる。

iwakunijyo08
錦帯橋や岩国空港、吉香公園など旧城下町も一望できる!

iwakunijyo02

岩国城跡旧天守台、古式穴太積み(こしきあのうづみ)と呼ばれる石積みを基本としながらも、戦国時代に、地方独自の石積みの技術が加わった形で造られた構造物。

iwakunijyo09

時間 9:00~16:45(入場は16:30まで)
休日 12月29日~12月31日

Cover Face vol.9

杉本 瑛美維(すぎもとえみい)さん

東京都出身。幼少のころから新体操や陸上競技などスポーツに親しみ、
大学時代には1600mリレーで日本選手権に出場。
タレント・モデル活動のかたわら、ランニングやトライアスロンにも親しみ、
CX「ENJOY! SPORTS」でのトライアスロン完走、東京アースライドへの
ゲスト出演などスポーツ関連のイベントにも数多く参加。

●2010Jet StarグランプリFinalist
●2010ゴルフダイジェスト ビューティークイーングランプリ
●ダイエーCM出演
●MUSASHIインタビュアー

etc…

結婚を機に山口県に移住後、子育てをしながら山口美人時計のモデル活動として
ボートレース下関のPR活動やオラレ下関のCM出演、カモンFMラジオ出演
一の俣観光ホテルBimajinやHow to marryにてライターを経験するなど、多方面で活躍中。

むさし

日本一の種類を更新中!!岩国の名物ソフトクリームが有名なお食事処。

現在165種類のソフトがあるが、当面は目標200種類を目指している。以前はギネス記録にも挑戦してしていたが、調べてみると世界では約800種類以上のアイスを作っているお店もあるそうで、とても追いつけないと痛感させられたそう。

musasi08

一番人気は『 クレオパトラの涙』というバニラソフト。
こちらは高級バニラをつかっており、なめらかで濃厚な口当たり。
絶世の美女とうたわれたクレオパトラが涙を流すほど美味しい…という設定でこのネーミングがつけられたそう。

musasi06

こちらは秋冬限定となる種類で『安納芋(あんのういも)』のソフト。バニラベースに安納芋のクリームが混ざっており、それぞれ異なった甘みと芋の風味が絡み、美味しさを互いに引き立てあうような味わいがたまらない1品。

musasi05
変わった種類の新作だと『デビルソフト』という真っ黒なソフトがある。
これは竹炭とバニラをまぜ合わせ、最後にパウダー状の竹炭をふりかけたもの。
見た目は真っ黒でちょっと怖いが、食用の竹炭で体には良いそう。

musasi03
味の考案についてはスタッフさんの意見やお客さんの声も参考にされている。
スタッフさんが休日で出かけていたときにたまたま行先で見かけたもので、まだ出してない味の種類のソフトもあるそうで、ヒントにしてまず試作品を作られてみるそう。

<スタッフ 山本さん>

musasi07

最近では『山査子(さんざし)』という中国の果実をつかったものを考案。きっかけはスタッフさんが理髪店に行った際、サービスで出た山査子のお茶がヒントとなったらしく中国人の観光客にも人気とのこと。サンザシの独特な酸味とソフトの甘さがマッチして美味。今後は種類の更新をしながら海外のお客様向けの商品もどんどん考案していきたいとのこと。

『むさし』と言えばソフトクリームのイメージが強いが、岩国蓮根を使用した料理もオススメ!

musasi02

■蓮根麺きつねセット

musasi01

丹精込めた岩国産蓮根粉末を国産小麦に練り込み、風味豊かに仕上がっている。

名物の岩国寿司と一緒に。

 

■岩国蓮根カレー(サラダ付)

musasi04
岩国産蓮根をふんだんに使用したカレー。シャキシャキとした食感が楽しめる。

時間 9:00~18:00
休日 無休

とことこトレイン

装飾トンネルや美しい季節の景観を堪能できる遊覧車。

錦川清流線錦町駅からそうづ峡温泉までの約6キロ間を、鉄道が走る予定だった跡地を利用して走る観光用のトロッコ遊覧車。

tokotoko01

光る蛍光石で装飾がされたトンネル『きらら夢トンネル』内は、幻想的な世界が楽しめる。約40分間、ゆったりした速度で走行するため、自然の景色を堪能できる。

tokotoko02

錦町からそうづ峡温泉までを、景色を楽しみながらゆっくりとつないでいる。

tokotoko07

昭和42年頃、山口線の日原駅とつなげる予定でトンネル工事を始めたが、昭和55年に国鉄再建の煽りを受け工事半ばで中断となり、結局そのままトンネルは使われることが無くなったため、そのまま放置されることとなった。平成13年頃に、観光の目的で錦川清流線終点の錦町駅からそうづ峡温泉まで乗り物でつなげたいという提案が持ち上がり、国鉄清算事業団から無償譲渡を受けることに。

tokotoko08

これにより、平成14年から錦川鉄道により観光遊覧車『とことこトレイン』の運行を開始。開業当初は、山口県で開催された『山口きらら博』会場内で園内遊覧車を使用していたが、老朽化により平成21年に車両を更新。愛知県で開催された『愛・地球博』会場内で使われていた電気自動車『グローバルトラム』を譲り受け、現在もこの2代目『とことこトレイン』が活躍している。
『愛・地球博』では5台の『グローバルトラム』が活躍していたが、現在この『とことこトレイン』2台以外では博多の観光施設ベイサイドプレイスでも使われている。

tokotoko05

壁画のあるトンネルの長さは1.8キロ、そうづ峡温泉まで走行路の全長は6キロ超ある。トンネル内の平均気温は17度前後なので、夏は涼しく冬は暖かく感じる。壁画が連なっている区間は600メートル以上ある。

tokotoko03
デザインは平成15年~16年にかけ整備され、錦町の地元の方から一般公募されたものや、山口芸術短期大学の卒業制作や山口県立大学美術部がデザインした大掛かりな作品などが展示されている。壁画に使用されているのはブラックライトにあてることで色を発する特殊な石を使用。大きさや形も多種多様にあるのでデザイン用途に合わせて使い分けている。

tokotoko11

白い石にブラックライトをあてると美しい色を発する。

tokotoko10

<錦川鉄道 鉄道部 ・杉原さん>

tokotoko09
トンネルを抜けた後、道中には桜並木が続く箇所があるため、春先は行楽客でにぎわいます。清流線祭り(不定期開催)の際はこのトンネルを開放しているため、歩いて入場することができます。

tokotoko06

(通常は不可)夏休み中は『夕涼み列車』というイベントがあり、お弁当付きでトンネルにも入場できるのでおすすめですよ。

tokotoko04

トンネルの壁画中央付近にはお酒の保管庫が設置されており、約5年ほど寝かせている地酒があります。これは2012年の清流線祭りの際に設置されたもので、購入された皆さんがお酒のビンにメッセージを書いて、一定の気温を保てるトンネル内で寝かせているものです。錦町老舗酒蔵の地酒『金雀』というお酒です。

6d0a0651%e2%91%a0

※運転日注意 土・日・祝(冬期は車両点検のため運休)春休み・夏休み期間は毎日運行

岩国城ロープウェー

錦帯橋、岩国市街、瀬戸内海や島々を展望できる

吉香公園前の山麓駅から、標高180メートルの城山の山頂駅までを約3分で結ぶ。

ropuwey01
吉香公園、錦川と錦帯橋、旧城下町から、遠くは岩国錦帯橋空港、瀬戸内海の島々までの眺望が楽しめる。

6d0a0826%e2%91%a0

移動中は定員30名のゴンドラ内で、音声ガイドで簡単に岩国の歴史を紹介している。

ropuwey03

展望台からの眺めは絶景!

ropuwey02
山頂駅前広場の中央には、決められた時間だけ中の鵜飼いの様子をモチーフにした人形が動き、岩国にゆかりのある音楽が流れる『からくり時計』の塔がある。

ropuwey04

また、子供たちの遊具、屋根付の休憩所や展望台などもあり、ロープウェイ乗車までの待ち時間も楽しんで過ごすことができる。

時間:9:00~17:00(15分毎)随時臨時便あり
休日:月末日や年末は点検のため運休の場合あり。

岩国シロヘビの館

シロヘビの歴史や生態について楽しく学ぶことができるミュージアム。

今年の3月にリニューアルオープンした白を基調とした館内外。

sirohebi01

国の天然記念物『岩国のシロヘビ』の見学をはじめ、資料や模型の展示、イメージ映像、ゲームや体験展示で、シロヘビのことを楽しみながら学ぶことができる。

sirohebi03

img_1197

 

シロヘビの生態が分かりやすく展示してある。

sirohebi04

img_1202

岩国市の限られた地域にだけ生息している世界的にも珍しいヘビで、長さ180cm、胴回り15cm余り。

6d0a0598%e2%91%a1

性質は温順で、目はルビーのように赤く、全身は白磁器のように白くその姿はとても神秘的で、古くから弁天様のお使い、商売繁盛、開運の守り神としてあがめられている。

sirohebi05
館内に展示されているパネルイラストを手がけられているのは、『蟲師』などで知られる岩国出身の女性漫画家、漆原友紀(うるしばらゆき)さん。

sirohebi02

入口付近には「蟲師」の原作のワンシーンなどが展示されている。

img_1191

img_1192

6d0a0592%e2%91%a0

時間 9:00~17:00
休館日 無休 ※ただし保守点検の臨時休館あり

錦帯橋

日本を代表する木造橋。特異な姿の五連のアーチ橋が特徴。

kintaikyo02

日本三名橋や日本三大奇橋に数えられており、名勝に指定されている。藩政史料には大橋と表記されることが多く、『錦帯』という美名は完成後に定着した説が有力とされている。文書による初出は宇都宮遯庵の記述した文書内である。

kintaikyo03
五連のアーチからなるこの橋は、全長193.3メートル、幅員5.0メートルで、継手や仕口といった組木の技術によって造られている。しかし、美しいアーチ形状は、木だけでなく、鉄(鋼)の有効活用がなされて初めて実現したものである。

kintaikyo01

杭州の西湖にある堤に架かる連なった橋からヒントを得て1673年に創建された。西湖の錦帯橋とは2004年に姉妹橋となっている。現在そのほとりには錦帯橋友好の石碑が建立されている。また桜の名所として、吉香公園と共に日本さくら名所100選に選定されている。

kintaikyo04

夕暮れどきの錦帯橋も趣があって美しい。

時間 終日