2016.7月掲載分

お食事処・喫茶 草々(そうそう)

油谷湾の絶景と新鮮な地元の食材を使ったランチが魅力

<油谷湾の絶景と新鮮な地元の食材を使ったランチが魅力>

sousou02

男性でも食べごたえのあるボリューミーなランチと、テラスから一望できる油谷湾の絶景で、おなかも心も満たされる。

pure-toranchi

人気のプレートランチ。
春巻き(アスパラまき、海老まき)、
煮物(たけのこ、なす、かぼちゃ、こんにゃく、しいたけ、厚揚げ、インゲン豆)
酢の物、とうもろこし、はすの揚げもの(砂糖醤油で味付け)、もやし
ミニトマトの煮物(砂糖とお酢の煮物)、生春巻き(海老、鮭)
お刺身(当日とれた魚)

higawariteisyoku

日替わりランチもおすすめ。この日のメインは魚のフライ。
魚のフライ、お刺身、サラダ、ご飯、味噌汁(時期によって魚が変わる)
※鳥の胸肉、トンカツ、海老カツ(むきえび、はんぺん、玉ねぎ)のどれかが付け合わせられる

sousou03

古民家を改装した店内は和を感じさせる温かな雰囲気。

sousou04

雰囲気ある囲炉裏と、飾られている書も見ものだ。

sousou01

【お店のこと】
創業して9年。店名の由来は口癖で「そうそう」と相槌をうつ様を表したのと、このあたりの景観で緑の草木などの景色からとられた。ランチメニューはプレートランチ(お刺身や煮物)でまとめたもので、当日の朝近郊でとれた新鮮なお魚が自慢。お肉も長州鶏など地元食材を使用しているそう。

経営はオーナー早川さんと知人の少人数でこじんまりと営業している。席数は25名様まで。夜営業はなくランチのみ。立地的な状況もありお酒のメニューはあえてだされていないとのこと。ノンアルコールはあり。

 

(営業日)月~水・金・土 11:30~16:30(ランチのみ)
(定休日)毎週 木・日

元乃隅稲成神社(もとのすみいなりじんじゃ)

立ち並ぶ123基の赤い鳥居と賽銭箱が印象的

立ち並ぶ123基の赤い鳥居と賽銭箱が印象的

akatorii

元乃隅稲成神社は、昭和30年に、地域の網元であった岡村斉さんの枕元に白狐が現れ、「これまで漁をしてこられたのは誰のおかげか。」と過去からの関わりを詳細に述べた後、「吾をこの地に鎮祭せよ。」というお告げがあったことにより、島根県津和野町太鼓谷稲成神社から分霊された神社。商売繁盛、大漁、海上安全は元より、良縁、子宝、開運厄除、福徳円満、交通安全、学業成就、願望成就の大神。

「稲荷」神社は全国で四万社ほどありますが、「稲成」神社は二社のみ!
昭和62年から10年間かけて奉納された123基の鳥居が、龍宮の潮吹側から100m以上にわたって並ぶ景色は圧巻。

riotasan02

岸壁からの景色も最高!水平線が美しい。

vewpoint

ビューポイントからはタイミングが良いと『龍宮の潮吹』が見られる。
この日は残念ながら見られず…

saisenbako01

裏参道出口には高さ5mの鳥居が建っており、上部に賽銭箱が付いている。
そのため賽銭は上へ投げ入れる必要があり、賽銭が入ると願いが叶うとされている。

toriimoderu

■管理者・岡村さん
アメリカのCNNで取り上げられてから、海外からの参拝客や取材なども増えほぼ毎日来られるようになりました。先日もタイの女優さんが、世界を旅するという企画の中でこちらの神社に取材で来られていました。賽銭箱を確認した時に外貨が入っていると海外からの参拝客がこられたかどうか判断できます。

東後畑棚田(ひがしうしろばたたなだ)

『日本の棚田百選』にも選ばれた
風景は一見の価値有り!

『日本の棚田百選』にも選ばれた風景は一見の価値有り!

tanada02
「棚田」とは急傾斜地に階段状に造成された水田のこと。中山間地域が県土の7割を占める山口県でも多くの棚田が形成されている。

tanadahiru

長門市油谷もそうした棚田が多い地域で、本州最西北端の向津具半島を中心に約700 ヘクタールもの一大棚田地帯が広がっている。1999年に農水省が発表した「日本の棚田百選」では、当時全国117市町村、134地区の棚田とならんで油谷の東後畑地区にある棚田が選ばれた。

tanada01

棚田は通常山間部にあることが多いのだが、この地区は半島部分の丘陵地が海岸近くまで迫っているため、眼下に日本海を望むことができる。

isaribi

夕日が沈む日本海に、イカ釣り漁船の漁火が無数に輝く光景は美しく、この景色をカメラに収めようと、毎年多くのカメラマンたちがこの地を訪れる。このように時間帯によって様々な表情を見せる棚田、どの姿も美しい眺めを楽しめる。(漁火の見頃は6~8月)

 

Cover Face vol.6

りおた さん

■プロフィール

スポーツイラストレーター。

レノファ山口FCの選手似顔絵イラストの執筆、湘南ベルマーレ公式LINEスタンプ制作の担当、サッカーダイジェストのイラストや連載を担当。その他にも週刊朝日・ベースボーサミット・ジュニサカ・ジャンボまちかい絵探しパルといった媒体を中心にイラストを執筆。イタリアの有名誌『ガゼッタ・デロ・スポルト』の記事にイラストが掲載されるなど、主にサッカーを中心とした似顔絵イラストを各方面で執筆している。

県内ではレノファ山口FCのホームゲームやお祭りなどを中心に似顔絵ブースを出店したり、ボートレース徳山『G1徳山クラウン争奪戦』『GⅢオールレディース争奪戦』のメインビジュアルを手掛けたり、CCSシティケーブル周南『ぶ~ちパラダイス』にレギュラー出演し自身の似顔絵のコーナーを持つなど、幅広く活動中!

 

■ご自身のことについて

Q:レノファ山口や湘南ベルマーレのスタンプなどを手掛けることになったきっかけは?
もともと好きでよく愛読していた「サッカーダイジェスト」という本があるんですけど、専門学校時代にイラストを描いて編集部に送ったら、たまたま担当の方が僕のイラストを見て気に入ってくれたことで、イラストのオファーを頂けるようになり、そのことが注目されて各チームから依頼して頂けるようになりました。

Q:イラストを始めたきっかけを教えてください。
小さい頃から気がついたら絵を書いてましたね。サッカーが好きで小学6年生~中学生の頃とか選手の似顔絵などをもう描いてました。

Q:憧れのイラストレーターはいますか?

サッカーダイジェストで4コマ漫画をよく描かれている、「村山文夫」さんという方なんですけど、イラストを始めた当時はかなり影響をうけていました。イラストのタッチとかも真似して描いたりしてたこともありますね。

Q:これからの目標を教えてください。

将来はもっと大きな仕事を任せてもらえるようになりたいですね。イラストを描く量や質もあげていきたいし、県内だけでなく全国各地で活躍できるくらい活動したいです。僕の絵を見てすぐわかってもらえるように認知度もあげていかなきゃなって思います。

二位ノ浜海水浴場(にいのはまかいすいよくじょう)

白浜とコバルトブルーの調和した
美しい海岸

<<白浜とコバルトブルーの調和した美しい海岸>>

hamabe02

全国で最も水質がきれいな海水浴場の1つとして知られている「二位ノ浜海水浴場」。

ninohama

白浜とコバルトブルーの調和した美しい海水浴場で、日本海に面する白浜の海岸には、ハマユウの群落があり、夏には一面にハマユウの花が咲き、彩りを添える。

hamabedekakuyo

海水浴期間外は、サーフスポットとしても人気がある場所としても有名。

hamabe01

海水浴シーズン
7月上旬~8月中旬
管理棟電話:0837-37-2400(シーズン中のみ)

施設案内(シーズン中のみ)
シャワー、管理棟、売店
(海水浴シーズンのみ利用可)
トイレ、駐車場(シーズン中は有料)

駐車場料金(シーズン中のみ)
・大型バス2,000円
・マイクロバス1,500円
・普通車700円
・自動二輪200円

青海島(おうみしま)海上アルプス

荒波が造り上げた造形美!大自然の中、リアルがここにある!

荒波が造り上げた造形美!大自然の中、リアルがここにある!

oumisima01

海風に吹かれながらのクルージングは、冒険心がくすぐられる。

seatasu

青海島観光汽船㈱の歴史は古く、観光船の事業は大正4年からで、今年で約100年になるが、これまで事故は一度も起こっていない。元々は漁船で地元の漁師さんが始められたそう。一般の方にもきれいな海の景観を見せたいということで、当時は手漕ぎのもので船に乗せていた。その後は旅館オーナーさんが企画として打ち出すことになり、現在の形に昇華されたサービスとなっている。

danseikannon

(こちらは「男性観音」)

夏場には季節便という臨時2便が追加になるため、通常より利用しやすくなる。日中の遊覧はもちろん、夕方に見る景観も素晴らしいものがある。タイミングがあえば「漁火」が間近で見られることも。

doukutunai

(洞窟の入口まで入り、間近で観ることができる)

この時期だけ1隻限定だが『なごみ』というチャーター船がご利用頂ける。完全予約制で船の中でお持ち込み頂いた食事やお酒を飲んだり楽しめるプランもある。クルーズは所要1時間程度。(定員12名)

■青海島定期便
定期船は基本的には一周コース(所要時間約1時間20分)
※気象海象によりコースに変更がある。

(定期コースの順路はこちら)

hanatuura

<花津浦>
金子みすゞが「仙崎八景」のひとつとしてうたった「花津浦」

fufudou

<黄金洞【夫婦洞】>
黄金洞、洞窟が2つくっついて見えるので、またの名を夫婦洞とも呼ぶ。

ko-moridou

<コーモリ洞>
羽を広げたコーモリに似ていることからその名が付けられた。

makuiwa

<幕岩>
約40mにわたって、様々な模様が見える。模様がヘビやタコの形に見えると言われている。

hotokeiwa

<仏岩>
よく見ると仏様がこちらに向かって胸元で手を合わせているかのように
見える。ここまで自然が作りあげた究極作品は例が無いそう。

 

■青海島 その他近郊のおすすめイベント!
<ながと仙崎花火大会>

senzakihanabi

会場付近の県道が歩行者天国になり、焼き鳥、唐揚げ、たこ焼き、焼きそば、かき氷、ビールにジュースなど色々な出店が並び、花火大会を盛り上げる。この時期、遊覧船を楽しんだ後にぜひ立ち寄ってみてほしいイベント。

打ち上げ数 約3000発(予定)
駐車場 2000台無料、仙崎小学校など
日時 7月23日(土)
場所 長門市仙崎海岸通り

 

 

千畳敷(せんじょうじき)

果てしなく広がる海と空の
一大パノラマ

<果てしなく広がる海と空の一大パノラマ>

senjyojiki

晴天の日は抜けるような青空と海の広がる景色を展望できる。

senjyojiki05

標高333mの高台に広がる草原の地、千畳敷。
眼下には日本海に浮かぶ島々、果てしなく広がる海と空の一大パノラマが展開し、海をわたる爽やかな風が、波のざわめきを伝える。

senjyojiki04
高台には、ハマユウ、ツツジ、ツバキ、サザンカなどが植えられており、四季折々の花が高原の一角を染め、訪れた人々の心をとらえる。夏の夜には、日本海に浮かぶ漁火が望め、人里離れた自然を満喫できる最適の場。絶景を眺めるキャンプ場としても人気がある。

senjyojiki02

海風が心地よくこれからの季節に、オススメのスポット!

 

■千畳敷、夏の恒例イベント!
<<汗汗フェスタ 2016>>

kankanfesuta
開催日:平成28年8月7日(日)
場 所:千畳敷高原キャンプ場周辺(いつもの場所)
内 容:MTB3時間耐久レース&ロードライド
平成28年8月6日(土)
ライディングスクール+ショートツーリング
平成28年8月7日(日)
MTB3時間耐久レース

標高333mの千畳敷で開催される恒例の大会。コースは、千畳敷の海に面した小高い丘の上にあり、レースは眼下に海が一望できる風光明媚な場所で行われる。近くには駐車場キャンプサイトがあり、開催期間中は全国各地からレースに参加するマウンテンバイク愛好者で賑わう。