萩市 世界遺産

①松下村塾(松陰神社)

萩エリアは、幕末に西洋技術を取り入れ産業化や産業文化形成の舞台となった地域の全体像と特徴をよく表しており、わずか半世紀でいかに日本の社会景観が変化したのかをみることができる。また萩エリアには産業化に関する地域の政治、行政、経済、技術、人材育成についての要素がすべて含まれており、萩の地域社会が直接の主体として産業化に取り組んだことを示している。

syokasonjyuku02

<松下村塾>
明治維新の歴史の礎を生み出した私塾

syokasonjyuku

明治維新の先覚者、吉田松陰が主宰した私塾。松陰は海防の観点から工学教育の重要性をいち早く提唱し、自力で産業近代化の実現を図ろうと説いた。黒船来航で欧米の軍事力を目の当たりにした松陰は、自分の目で海外の実情を確かめたいと考え、国禁を犯してまで黒船に乗り込んで海外密航を計画した。 塾生からは高杉晋作や、伊藤博文などを輩出したほか、日本の近代化・工業化の過程で重要な役割を担った多くの逸材がここで学んだ。

syouinjinjya

<松陰神社>
明治23年(1890年)に吉田松陰を祀って建てられた神社。松下村塾改修時に松陰の実家である杉家により私祠として村塾の西側に土蔵造りの小祠が建立。
明治40年(1907年)、県社の社格の神社創設が許可された。御神体として松陰が終生愛用した赤間硯と父叔兄宛に書いた文書が遺言によって納められている。
旧社殿は「松門神社」として、松陰の門人であった人々の霊を祀っている。

萩市 世界遺産

②萩城下町

萩城下町は、幕末に日本が産業化を目指した当時の地域社会における政治・行政・経済をあらわす資産で、城跡・旧上級武家地・旧町人地の3地区からなっている。 ここで萩藩の産業化や西洋技術の導入についての政策形成が行われ、また当時の城下町に高度な匠の技があったからこそ、日本の産業化が急速に進んだと考えられている。萩城下町は、産業化を試みた幕末の地域社会が有していた江戸時代の伝統と身分制、社会経済構造を非常によく示していることが評価されている。

jyoukamachi01

町筋は基盤目状になっており、当時のままの武家旧宅や小路が連なり
城下町の景観を今に残している。

jyoukamachi02

萩城下町は、幕末に日本が産業化を目指した当時の地域社会における
政治・行政・経済を表す資産。

jyoukamachi03

萩市 世界遺産

③恵美須ヶ鼻造船所跡

zousenjyuatochi01

洋式軍艦の建造に先駆的な役割をはたした造船所

萩藩が、安政3年(1856年)に設けた造船所の遺跡で、幕末に「丙辰丸」「庚申丸」という2隻の西洋式帆船を建造した。丙辰丸はロシアの技術、庚申丸はオランダの技術が用いられており、このように2つの異なる技術による造船が1つの造船所で行った例は他にないこと、また幕末に建設された帆船の造船所で唯一遺構が確認できる造船所であることが評価された。

zousenjyoatochi02

■丙辰丸(へいしんまる)

全長25m、安政3年(1856年)進水
藩の主力艦として海軍の練習と
国産交易に利用された。

■庚申丸(こうしんまる)

全長44m、万延元年(1860年)進水
文久3年(1863年)5月、下関海峡で
米商船ペンブローク号に砲撃。
翌月、米ワイオミング号の報復攻撃に
より撃沈。

萩市 世界遺産

④萩反射炉
⑤大板山たたら製鉄遺跡

hansyaro01

萩反射炉
現存する大砲鋳造のためにつくられた金属溶解炉

現在残っている遺構は、萩反射炉の煙突にあたる部分である。高さ10.5mの安山岩積み(上方一部煉瓦積み)の煙突は、基底部が前面5.45m、側面3.8mあり、上に向かって幅を狭める長方形で、下方に2つのアーチ型の煙道孔が開いている。上方で二股に分かれているようにも見えるが実際はそれぞれ独立した2本の煙突となっている。

昭和53年からの発掘調査では、炉床とみなされる遺構が2本の煙突に対応して確認され、おもに西側の炉床で操業されたと考えられている。また、煙突前方の広場では建物・囲・柵が発掘されており、現在、これらの位置は低い土壇で表示し、柱の位置に玉柘植を植えている。

hansyaro02

反射炉の構造と特徴
反射炉の構造は、炉と煙突に大きくわけられる。アーチ形の炉では、後方の燃焼室で焚いた燃料の炎や熱を天井に反射させ、前方の溶解室に置いた金属を溶解した。また、炉内を高温に保つ必要があるため、高い煙突を利用して空気を大量に取り込んだ。これによって、鉄(Fe)に含まれた炭素(C)と酸素(O2)を結合させ、二酸化炭素(CO2)を排出し、鉄に含まれる炭素の量を減らすことが可能となる。「固くてもろい鉄」を「軟らかくて粘りのある鉄」に変えることが、反射炉の大きな特徴だったのである。

反射炉の遺構は、萩のほか韮山(静岡県)と旧集成館(鹿児島県)にあるだけで、わが国の産業技術史上たいへん貴重な遺跡である。【国指定史跡】

tatara

大板山たたら製鉄遺跡
砂鉄を原料に、木炭を燃焼させて鉄を作っていた江戸時代のたたら製鉄の跡。たたらは、日本の伝統的な製鉄方法で、このたたら場では、1750年代~1860年代の間に3回操業していた。恵美須ヶ鼻造船所で建造した1隻目の西洋式帆船「丙辰丸」を建造する際に、大板山たたらで製鉄されたものが船釘などに利用された。建物跡などの遺構が露出した形で整備されている。

旬鮮Dining 次男坊

鮮魚店の次男坊が営むお店

jinanbogaikan

昼は定食、夜は一品で萩の旬魚を堪能できる鮮魚店の隠れ家ダイニング。毎朝市場で競りおとす魚は新鮮そのもの。直営ゆえに目利きも折り紙つき!1番の人気を集める次男坊定食は、お刺身・天麩羅・魚料理・茶碗蒸しの4つのメインを日替わりで楽しめる贅沢ごはん。地物食材はもちろん、とろりと甘いさしみ醤油にまでこだわりが光る。また、新鮮で豪快な海鮮丼(要予約)も一食の価値あり。

jinanboteisyoku

メインは日替わりの「次男坊定食」
(刺身・天ぷら・魚・小鉢の料理のセットメニュー)
素材となる魚はその日の水揚げ状況により内容が変わる。
主にランチメニューとなり、60~80食程度の限定品のため、売り切れ次第終了。
休日は12時半くらい(オーダーストップ1時間前)までに来店しないと品切れとなってしまう程の人気メニュー。

jinanbokanban

住宅街を抜けると少し開けた場所に平屋の大きな建物が見えてくる。
萩市の景観にマッチしたような『和風モダンテイスト』な雰囲気のおしゃれな外観と、入口にある大きな木製の看板が目印。

jinanbotennai

<次男坊について>
今年の9月で創業丸4年になります。当店の一番のウリはとにかく『魚の鮮度』です。仕入れ法や鮮度には徹底してこだわっていますので、当日の朝水揚げされたばかりの旬な魚を定食やお刺身などでお出ししております。

『その日のものをその日のうちに!』ご提供することをモットーにしています。
kaisen

人気の「海鮮丼」は完全予約制のため、当日に注文してもお出しできないので注意。(2日前までに要予約)ただし同じ海鮮丼でも毎回魚のネタが変わるので、何度も食べに来られるリピーターのお客様も多い。
※旬なネタは9~11種類と毎日変わる

furai

「甘鯛フライ定食」もおすすめ。
外はサクッと、中はふわふわ・ほくほくな食感がたまらない1品。
ご飯との相性も抜群ながっつり飯。

営業時間 11:00~14:00(13:30ラストオーダー)/
18:00~22:00(21:30ラストオーダー)※夜は要予約
定休日 日曜日の夜、火曜日

萩オープンガーデン

萩市内の美しいお庭を一般に
特別公開

katura02

オープンガーデンとは、個人宅の庭園を一般に開放し訪れた方をおもてなしするという、イギリスに端を発するすばらしい習慣に基づくものである。萩市内の文化財施設の庭園や個人のお庭などが、期間限定で特別に公開される。史跡だけでなく、藩政時代の町家、一般住宅、美術館などの美しい名庭園も多い「萩」を発見できる。

katura03

桂太郎旧宅
明治維新後、3回にわたって内閣総理大臣を務めた桂太郎の旧宅。

桂太郎は、萩藩士桂與一右衛門の長男として、
萩城下平安古に生まれ、3歳の時に川島に移り住む。

この旧宅は、明治42年(1909年)に新築したもので、主屋は派手さを抑え、規模も比較的小さなもので、藍場川沿いの生活を穏やかに楽しむために造られている。藍場川の水を引き込んだ流水式池泉庭園内には桂太郎公銅像が建っている。ここにはガイドが常駐し、施設の説明を行っている。

 

縁側には水琴窟(すいきんくつ)があり、

水をかけると澄んだ音色を楽しむことができる。

 

 

旧湯川家屋敷
藍場川沿いにある情緒あふれる武家屋敷

yukawa03

川沿いに長屋門があり、屋敷の中には橋を渡って入る。
主屋には玄関、座敷と茶室などがあり、特に茶室回りの意匠が優れている。

yukawa02

また、川の水を屋敷内に引き入れて流水式の池泉庭園を造り、池から出た水を家の中に作られたハトバや風呂場で家庭用水として使った後、再び川に戻している。このように藍場川沿いの民家では環境問題に配慮した水の利用法を見ることができる。ここにはガイドが常駐し、施設の説明を行っている。

時間 9:00~17:00
無休

Cover Face vol.4

万木 麻莉(かずき まり)さん

山陽小野田市出身。
山口県を中心にモデル、タレント、俳優業など行っている。

2013年 美人時計 全国ランキング2位
2014~2015年 山口県美人時計 ランキング1位
山口ケーブルテレビ制作ドラマ「HOME」出演

高校卒業を期に俳優を目指し上京。東京に移住してからは養成所にて

本格的に演劇を学びエキストラなどのテレビや舞台への出演経歴も持つ。

地元に戻ってからは山口県を中心にモデルやタレント、
俳優業など精力的にマルチな活動を行っている。
この夏には着物レンタルのお店でモデルを務めたり、
年内には自身が出演する山口県内での映画上映なども
予定されている。

 

https://www.facebook.com/Kazuki.Mari/?fref=ts
(facebook 公式ページ)

https://www.instagram.com/mari.kazuki/
(instagram 公式ページ)